ATRを活用したトレード手法

ATR(Average True Range)を活用した私のトレード手法をご紹介します。

ATRとは?

ATRはボラティリティを示すテクニカル指標です。

ATRが上昇することはボラティリティの増加を示しており、トレンドが発生している可能性を示しています。

また、ATRが下落することはボラティリティの低下を示しており、トレンド中の押し戻り、トレンドの終了または転換が発生している可能性を示しています。

ATRの使用目的

ATRが示すボラティリティを活用して、下記を目的にATRを使用します。

また、ATR単独で使用することはなく、トレード根拠を重ねるための補助として使用します。

  • トレンドの終了(再開)の判断を補助するため
  • 天井買い・底売りエントリーを回避するため
  • トレンドの寿命を判断して天井近辺で利益を確定するため
  • トレンド転換の予兆を察知して損失を極小化するため

トレンド判断

ATRが底で推移している場合、トレンドの終了または再開が近づいていると判断します。

エントリー

押し戻りをしっかり待ち切れずに天井付近で買いとなったり、底付近で売りとなったりすることを回避するため、トレンドの順方向に動いている際に、ATRの振幅が高値圏でないことを確認します。

利益確定

ATRが高値を更新する勢いまたは高値を更新した場合、天井または底と判断して利益を確定します。

損失確定

ATRが底で推移した後にポジションと逆方向の値動きでATRが上昇した場合、損失拡大を抑止するために損失を確定します。

コメント

非公開コメント