トレード履歴をチャート上に表示するMT5インジケーター

D_TradingHistoryインジケーターとは?

D_TradingHistoryとは、トレード履歴をチャート上に表示するMT5インジケーターです。

チャート上でトレード履歴を振り返ることにより、次のトレードに向けた改善を効率的に実施することができるようになります。

また、予め用意したトレード履歴を記録したファイルをもとにチャート上に表示する仕組みのため、MT5を採用していない業者のトレード履歴をチャート上に表示することができます。

D_TradingHistory:チャート表示イメージ

特徴・活用例

トレード結果の効率的な分析

トレード結果がチャート上にダイレクトに表示されるため、あの時にこの条件で売買した判断は適切だったのか、利益確定すべきポイントを逸していなかったか、損切するタイミングを逃していなかったか等々、次回のトレードに向けて、多くの気づきを得やすくなります。

使い方

トレード履歴ファイルの準備

トレード履歴ファイルを以下の条件で作成および格納してください。なお、各業者のWEBサイト等よりトレード履歴を照会またはダウンロードし、以下の形式で事前に作成していただく必要があります。

ディレクトリ

「MT5データフォルダ」-「MQL5」-「Files」-「D」なお、「MT5データフォルダ」はMT5のメニューバーの「ファイル」より「データフォルダを開く」を選択して開かれるフォルダを指します。

ファイル名

trading_history.txt

ファイル形式

カンマ区切り形式で下記6項目を1行のセットとして入力してください。また、ファイルの入力イメージを以下に示します。

D_TradingHistory:トレード履歴ファイルイメージ
  1. 通貨ペア名:MT5の通貨ペア名と一致する通貨ペア名を入力してください。
  2. トレードIN種別:新規エントリーがBuyの場合は"B"をSellの場合は"S"を入力してください。
  3. 新規エントリー約定日時:新規エントリーの約定日時を"YYYY/MM/DD hh:mm"の形式で入力してください。
  4. 新規エントリー約定価格:新規エントリーの約定価格を半角数字で入力してください。
  5. ポジション決済日時:ポジションの決済日時を"YYYY/MM/DD hh:mm"の形式で入力してください。
  6. ポジション決済価格:ポジションの決済価格を半角数字で入力してください。

なお、日時については、国内業者のトレード履歴の活用がメインと考え、日本時間で入力する仕様としています。MT5サーバ時間と日本時間の時差はインジケーターで自動補正しています。

トレード履歴をチャート上に表示する

「D_TradingHistory」インジケーターをチャートに追加します。

インジケーターの追加時にトレード履歴を読み込み、チャート上に表示します。

また、トレード履歴ファイルの更新を検知すると、再度トレード履歴ファイルを読み込みチャート上に表示し直す仕組みになっています。

なお、時間軸(M5、H1等)によって、トレード履歴の表示位置をジャストフィットしているため、微妙にずれるといったことがないようにしています。

パラメータ説明

D_TradingHistory:パラメータ設定

買い矢印色

買い矢印の色を設定することができます。デフォルト値は、「Red」ですので、お好みに合わせて変更してください。

売り矢印色

売り矢印の色を設定することができます。デフォルト値は、「Blue」ですので、お好みに合わせて変更してください。

売買矢印を結ぶ線色

売買矢印を結ぶ線の色を設定することができます。デフォルト値は、「Gray」ですので、お好みに合わせて変更してください。

売買矢印を結ぶ線種

売買矢印を結ぶ線の種類を設定することができます。デフォルト値は、「点線」ですので、お好みに合わせて変更してください。

ダウンロード

バージョンアップ履歴

1.00(2019年8月24日)

初公開しました。

コメント

非公開コメント