常勝トレーダーと退場トレーダーの違い

FXにおける常勝トレーダーは、「刻々と状況が変化する相対的な為替相場において、為替相場に対して柔軟な姿勢で為替相場に合わせたトレードをすることができる」と定義付けることができます。

その一方で、FXにおける退場トレーダーは、「刻々と状況が変化する相対的な為替相場において、為替相場に対して自分自身の都合で自分自身に合わせたトレードをすることができる」と定義づけることができます。

本記事では、これらの定義にもとづき、常勝トレーダーと退場トレーダーの具体的な違いを解説していきますので、あなた自身に何が足りないかの気づきとなっていただければ幸いです。

テクニカル分析

テクニカル分析は、エントリー、クローズ、リミット、ストップを決定するための重要な作業です。 しかしながら、常勝トレーダーと退場トレーダーとでは、テクニカル分析に対する姿勢に天と地ほどの差があります。

常勝トレーダーのテクニカル分析

常勝トレーダーは、200日MAに代表されるように多くの人が目安にしているからこそ意味のある指標となったり、普遍的な設定値であるからこそ優位性のある指標となったりすることを理解しています。

そのため、為替相場の状況に合わせて最適なインジケーターを利用したり、最も多くの人が利用する設定値(200MA等)および普遍的な設置値(フィボナッチ数等)をベースに考えてテクニカル分析したりすることができます。

つまり、心のベクトルが自分自身ではなく為替相場に向かっているため、刻々と変化する為替相場の状況に対応することができ、勝ち続くことができるのです。

退場トレーダーのテクニカル分析

退場トレーダーは、含み損のポジションが助かる根拠を探すためにテクニカル分析をしたり、自分自身がトレードする根拠を探すためにテクニカル分析をしたりしています。

そのため、自分のポジションが優位になるインジケーターおよび設置値を探してしまうようなテクニカル分析に陥りがちです。

つまり、心のベクトルが為替相場ではなく自分自身に向かってしまっているため、刻々と変化する為替相場の状況に振り回され、破滅してしまうのです。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は、値動きの方向性を分析するための重要な作業です。 しかしながら、常勝トレーダーと退場トレーダーとでは、ファンダメンタルズ分析に対する姿勢に天と地ほどの差があります。

常勝トレーダーのファンダメンタルズ分析

常勝トレーダーは、米国雇用統計に代表されるように多くの人が注目にしているからこそ意味のある材料となったり、自分の思いとは裏腹に為替相場の状況は刻々と変化することを理解しています。

そのため、マーケット参加者全体の立場から俯瞰して客観的にファンダメンタルズ分析することができます。

つまり、心のベクトルが自分自身ではなく為替相場に向かっているため、刻々と変化する為替相場の状況に対応することができ、勝ち続くことができるのです。

退場トレーダーのファンダメンタルズ分析

退場トレーダーは、自分の保有しているポジションを正当化するために主観でファンダメンタルズ分析をしたり、含み損が膨らむポジションを横目に必死になって自分に都合の良いニュースを探し出したりしています。

そのため、自分のポジションが優位になるニュースを探してしまうようなファンダメンタルズ分析に陥りがちです。

つまり、心のベクトルが為替相場ではなく自分自身に向かってしまっているため、刻々と変化する為替相場の状況に振り回され、破滅してしまうのです。

メンタル分析

メンタル分析は、為替相場に対して柔軟な姿勢で向き合うためにマインドコントロールするための重要な作業です。 しかしながら、常勝トレーダーと退場トレーダーとでは、メンタル分析に対する姿勢に天と地ほどの差があります。

常勝トレーダーのメンタル分析

常勝トレーダーは、為替相場が自分の都合で動かないこと、自分の都合でトレードすると失敗することを理解しています。

そのため、為替相場の状況に合わせて最適なトレードスタンスで対応したり、失敗したトレードを振り返って再発防止したりすることができます。

つまり、心のベクトルが自分自身ではなく為替相場に向かっているため、刻々と変化する為替相場の状況に対応することができ、勝ち続くことができるのです。

退場トレーダーのメンタル分析

退場トレーダーは、為替相場に対して固定化したスタンス(スキャル派、デイトレ派など)で待ち構えたり、為替相場の状況を加味しないためにトレードで同じ失敗を繰り返したりしています。

そのため、為替相場が偶然に自分の得意なパターンでないと勝つことができない状態に陥りがちです。

つまり、心のベクトルが為替相場ではなく自分自身に向かってしまっているため、刻々と変化する為替相場の状況に振り回され、破滅してしまうのです。

まとめ

常勝トレーダーになるためには、心のベクトルを自分自身でなく為替相場に向ける必要があります。

これにより、常に為替相場の状況に合わせた最適なトレードスタンス(スキャル、デイトレ、スイング等)および最適なトレード手法を選択することができるようになります。

コメント

非公開コメント