MetaTrader5(MT5)におけるメール通知の設定方法

概要

MetaTrader5(MT5)では、インジケーター等でサインが発生した際にメールで通知してくれる便利な機能があります。

本記事では、MetaTrader5(MT5)におけるメール通知の設定方法を説明します。

手順①オプションを開く

MetaTrader5の「ツール」メニューから「オプション」を選択し、「オプション」を開いてください。

手順②メール通知設定

「オプション」画面の「Eメール」タブを選択します。

「メール設定を有効にする」チェックボックスにチェックを入れ、下記の情報を入力します。

Gmailの場合

MetaTrader5(MT5)メール通知設定

SMTPサーバ

「smtp.gmail.com:465」を入力してください。

SMTPログイン

Gmailのメールアドレスを入力してください。(例.xxxxxxxx@gmail.com)

SMTPパスワード

Gmail(Googleアカウント)のログインパスワードを入力してください。

差出人

Gmailのメールアドレスを入力してください。(例.xxxxxxxx@gmail.com)

宛先

宛先のメールアドレスを入力してください。差出人と同じメールアドレスを入力しても問題ありません。

Yahoo!メールの場合

SMTPサーバ

「smtp.mail.yahoo.co.jp:465」を入力してください。

SMTPログイン

Yahoo!メールのアカウント名/ログイン名(メールアドレスの@より左側)

SMTPパスワード

Yahoo!メールのパスワードを入力してください。

差出人

Yahoo!メールのメールアドレスを入力してください。(例.xxxxxxxx@yahoo.co.jp)

宛先

宛先のメールアドレスを入力してください。差出人と同じメールアドレスを入力しても問題ありません。

手順③テストメール送受信

「オプション」画面の「Eメール」タブにある「テスト」ボタンを押下します。

差出人からメールが送信されていること、宛先にメールが受信されていることを確認してください。

正常にメールが送受信できない場合は、入力内容に不備がないか再確認してください。それでも解決しない場合は、以降の手順を参照してください。

手順④Gmailで正常にメール送信できない場合の対処

Gmailを使ったメール送信の場合、Googleのセキュリティ設定により、メタトレーダーからのアクセスが拒否されメール送信エラーとなる場合があります。その場合は、Googleアプリ利用設定サイトへアクセスし、安全性の低いアプリの許可を手動で有効にする必要があります。

なお、この設定により、Googleアカウントのセキュリティレベルが低くなります。メタトレーダー専用のGoogleアカウントを作成するなどしてセキュリティを保持することをお勧めします。

Googleアプリ利用設定サイトへ

コメント

非公開コメント