D_Stochastic:ストキャスティクスに各種機能を追加したインジケータ

概要

ストキャスティクスに各種機能を追加したインジケータです。追加した機能は以下の通りです。

  • %DとS%D間に雲を描画する機能
  • %DとS%Dのゴールデンクロス・デッドクロスでサインを表示する機能

D_Stochasticの表示イメージ

D_Stochastic表示イメージ

ストキャスティクスの計算式

ストキャスティクスを構成する%K、%D、Slow%Dの計算式を以下に示します。

%K

%Kは、一定期間における最高値から最安値までの範囲の中で、直近の終値がどの位置にあるかを示す指標です。

%K = {(当日終値 - 直近N日間の安値) ÷ (直近N日間の高値 - 直近N日間の安値)} × 100

Nは5,9,14などが使われます。

一般的に騙しが多く、描画されることは少ないです。

%D

%Dは、%Kを移動平均化し動きを平滑化した指標です。

%D = (H ÷ L) ×100

H:(当日終値 - 直近N日間の安値)のX日間単純平均

L:(直近N日間の高値 - 直近N日間の安値)のX日間単純平均

Xには3が使われることが多いです。

S%D

SLOW%Dは、%Dを一定期間(一般的に3日間)平均化した指標です。

Slow%D = %DのY日の単純平均

Yには3が使われることが多いです。

ストキャスティクスの見方

ストキャスティクスの一般的な見方を以下に示します。

買いシグナル

%DとSlow%Dの両方が20%以下のときに、%DがSlow%Dを下から上に抜けた場合は、買いシグナルと判断します。

売りシグナル

%DとSlow%Dの両方が80%以上のときに、%DがSlow%Dを上から下に抜けた場合は、売りシグナルと判断します。

機能説明

ストキャスティクスに追加した各種機能について、以下に説明します。

%DとS%D間に雲を描画する機能

%DとS%D間に雲を描画することで視認性を高めています。

%DとS%Dのゴールデンクロス・デッドクロスでサインを表示する機能

%DとSlow%Dの両方が20%以下のときに、%DがSlow%Dを下から上に抜けた場合(ゴールデンクロス)、買いサインを表示します。

%DとSlow%Dの両方が80%以上のときに、%DがSlow%Dを上から下に抜けた場合(デッドクロス)、売りサインを表示します。

パラメータ説明

D_Stochasticのパラメータを以下に示します。

D_Stochasticパラメータ設定

K期間

%Kの計算期間を設定することができます。デフォルト値は、最もメジャーな設定値である9本としています。

D期間

%Dの計算期間を設定することができます。デフォルト値は、最もメジャーな設定値である3本としています。

Slowing期間

Slowingの計算期間を設定することができます。デフォルト値は、最もメジャーな設定値である3本としています。

描画設定

ストキャスティクスの視認性を考慮した配色としています。

D_Stochastic描画設定

買いサイン

買いサインの色・大きさを設定することができます。

売りサイン

売りサインの色・大きさを設定することができます。

%DとS%D間の雲

%DとS%D間の雲の色を設定することができます。1つ目の色は1本前より上昇した際の色、2つ目の色は1本前より下落した際の色です。

%D

%Dの色・線の太さ・スタイルを設定することができます。

Slow%D

Slow%Dの色・線の太さ・スタイルを設定することができます。

ダウンロード

コメント

非公開コメント