一目均衡表に各種機能を追加したMT5インジケーター(D_Ichimoku)

D_Ichimokuインジケーターとは?

D_Ichimokuインジケーターとは、一目均衡表に各種機能を追加したMT5インジケーターです。追加した機能は以下の通りです。

  • 一目均衡表の重要情報をパネル表示(パラメータで表示しない設定も可能)
  • 先行スパンが1本余分に未来にシフトされているMT5標準の一目均衡表のバグを修正済み
  • 遅行スパンが1本余分に過去にシフトされているMT5標準の一目均衡表のバグを修正済み

D_Ichimokuの表示イメージ(パネル表示なし)

D_Ichimoku:パネル表示なし

D_Ichimokuの表示イメージ(パネル表示あり)

D_Ichimoku:パネル表示あり(パネル最大化状態)

D_Ichimokuの表示イメージ(パネル最小化状態)

D_Ichimoku:パネル表示あり(パネル最小化状態)

計算式

一目均衡表の5つの線について、計算式を以下に示します。

基準線

(当日を含めた過去26日間の最高値+最安値)÷2

転換線

(当日を含めた過去9日間の最高値+最安値)÷2

先行スパン1

{(転換値+基準値)÷2}を26日先行(当日を含む)させて表示

先行スパン2

{(当日を含めた過去52日間の最高値+最安値)÷2}を26日先行(当日を含む)させて表示

遅行スパン

当日の終値を26日遅行(当日を含む)させて表示

定義

一目均衡表の5つの線について、一般的な定義を以下に示します。

基準線

中期的な相場の方向性を示しています。

転換線

短期的な相場の方向性を示しています。

雲(先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分)

短中期的な相場の方向性(先行スパン1)と長期的な相場の方向性(先行スパン2)を26日先行させることで、未来におけるトレーダーのポジションを保有している価格帯を推し量ることができます。

遅行スパン

26日前の終値と現在レートの比較から、中期的にポジションを保有しているトレーダーの損益状況を推し量ることができます。

機能説明

パネル表示機能

パネルに一目均衡表で重要となるレート情報情報を表示します。

D_Ichimoku:パネルイメージ
  • 終値
    • 26本過去のレート
    • 現在のレート
  • 基準線
    • 26本過去のレート
    • 現在のレート
  • 転換線
    • 26本過去のレート
    • 現在のレート
  • 先行スパン1
    • 26本過去のレート
    • 現在のレート
    • 26本未来のレート
  • 先行スパン2
    • 26本過去のレート
    • 現在のレート
    • 26本未来のレート
  • 遅行線
    • 26本過去のレート

パラメータ説明

D_Ichimokuのパラメータを以下に示します。

D_Ichimoku:パラメータ設定

転換線

転換線の計算期間を設定することができます。一目均衡表では、転換線の計算期間が9本とされているため、基本的にパラメータを変更する必要はありません。

基準線

基準線の計算期間を設定することができます。一目均衡表では、基準線の計算期間が26本とされているため、基本的にパラメータを変更する必要はありません。

先行スパン2

先行スパン2の計算期間を設定することができます。一目均衡表では、先行スパン2の計算期間が52本とされているため、基本的にパラメータを変更する必要はありません。

パネル表示

パネル表示の有無を設定することができます。デフォルトは「表示しない」設定となっています。

描画設定

一目均衡表の視認性を考慮した配色としています。

D_Ichimokuの描画設定

転換線

転換線の色を設定することができます。

基準線

基準線の色を設定することができます。

先行スパン(雲)

先行スパン1と先行スパン2の間の雲の色を設定することができます。

先行スパン1

先行スパン1の色を設定することができます。

先行スパン2

先行スパン2の色を設定することができます。

遅行スパン

遅行スパンの色を設定することができます。

ダウンロード

バージョンアップ履歴

1.10(2019年7月30日)

パネル表示サイズを縮小しました。また、パラメータからパネルを表示しない設定とすることを可能としました。

1.01(2018年11月11日)

MT5標準の一目均衡表のバグである先行スパンと遅行スパンのずれを修正しました。

1.00(2018年11月3日)

初公開しました。

コメント

非公開コメント