D_GMMA:GMMAに各種機能を追加したMT5インジケーター

概要

GMMA(Guppy Multi Moving Average)に機能を追加し、トレンド状況や強さを更に把握しやすくしたMT5インジケーターです。追加した機能は以下の通りです。

  • 短期線グループの雲を表示する機能(表示有無はパラメータで指定可能)
  • 長期線グループの雲を表示する機能(表示有無はパラメータで指定可能)
  • 短期線グループと長期線グループ間に雲を表示する機能(表示有無はパラメータで指定可能)
  • トレンド基準線(200日EMA)を表示する機能
D_GMMA:インジケーター表示イメージ

パラメータ説明

GMMAのパラメータを変更可能としていますが、研究された結果のパラメータですので基本的に変更する必要はありません。

D_GMMA:パラメータ設定

MA計算方法

MA計算方法を指定することができます。GMMAは指数移動平均(EMA)を使用するため、MODE_EMAをデフォルト値としています。

  • Simple:単純平均(SMA)
  • Exponential:指数移動平均(EMA)(デフォルト値)
  • Smoothed:平滑平均(SMMA)
  • Linear weighted:線形加重移動平均(LWMA)

計算時に使用するレート

MAの計算時に使用するレートを指定することができます。GMMAでは特に計算時に使用するレートについて規定がないようですが、終値を使用することが通常であるため、PRICE_CLOSEをデフォルト値としています。

  • Close price:終値(デフォルト値)
  • Open price:始値
  • High price:高値
  • Low price:安値
  • Median price:中間価格(高値+安値)÷2
  • Typical price:典型的価格(高値+安値+終値)÷3
  • Weighted price:平均価格(高値+安値+終値+終値)÷4

短期線グループのMA期間1~6

短期線グループのMA期間を設定することができます。GMMAの短期線グループは、3日・5日・8日・10日・12日・15日を使用するため、当該期間をデフォルト値としています。

長期線グループのMA期間1~6

長期線グループのMA期間を設定することができます。GMMAの長期線グループは、30日・35日・40日・45日・50日・60日を使用するため、当該期間をデフォルト値としています。

トレンド基準線のMA期間

トレンド基準線のMA期間を設定することができます。大多数のトレーダーがトレンド転換点として意識する200日をデフォルト値としています。

短期線グループの雲の表示

短期線グループの雲の表示有無を設定することができます。デフォルト値は「表示する」です。

長期線グループの雲の表示

長期線グループの雲の表示有無を設定することができます。デフォルト値は「表示する」です。

短期線グループと長期線グループ間の雲の表示

短期線グループと長期線グループ間の雲の表示有無を設定することができます。デフォルト値は「表示しない」です。

描画設定

GMMAはトレンド状況や強さをビジュアルで判断するため、視認性の高い配色とする必要があります。このため、デフォルトのカラー設定は、黒系背景になじむ視認性の高い配色としています。

D_GMMA:カラー設定

短期線グループの雲

短期線グループの雲の色を設定することができます。

長期線グループの雲

長期線グループの雲の色を設定することができます。

短期線グループと長期線グループ間の雲

短期線グループと長期線グループ間の雲の色を設定することができます。

短期線(各MA期間)

短期線の色・幅・スタイルを設定することができます。

長期線(各MA期間)

長期線の色・幅・スタイルを設定することができます。

トレンド基準線

トレンド基準線の色・幅・スタイルを設定することができます。

ダウンロード

バージョンアップ履歴

1.10(2019年6月3日)

短期線グループの雲および長期線グループの雲を表示する機能を追加しました。

1.00(2018年8月12日)

初公開しました。

コメント

非公開コメント