D_Captcher:MetaTrader5のチャートを画像として自動で保存するMT5インジケーター

概要

MetaTrader5のチャートを画像として自動で保存するMT5インジケーターです。

機能説明

本インジケータは、MetaTrader5のチャートにおいて、ローソク足が確定した際に、チャート画像を自動で保存する機能を持っています。また、パラメータにおいて、チャート画像のサイズ、保存画像形式、保存ファイル名形式などを指定することができます。

活用方法

ローソク足が確定する度に自動で画像が取得されることから、過去に遡って、そのときのチャート画像でテクニカル分析が実施できるため、トレード結果の振り返りに活用することができます。

パラメータ説明

D_Captcherパラメータ説明

画面キャプチャサイズ(横ピクセル)

画面キャプチャサイズの横ピクセルを設定することができます。

画面キャプチャサイズ(縦ピクセル)

画面キャプチャサイズの縦ピクセルを設定することができます。

保存フォルダ名

保存フォルダ名を設定することができます。

保存画像形式

GIFまたはPNGの保存画像形式を指定することができます。

保存ファイル名形式

以下のいずれかの保存ファイル名形式を指定することができます。

  • 固定文字列
  • 通貨ペア+時間枠
  • 固定文字列+通貨ペア+時間枠
  • 固定文字列+年月日時分
  • 通貨ペア+時間枠+年月日時分
  • 固定文字列+通貨ペア+時間枠+年月日時分
  • 固定文字列(保存ファイル名に付与する文字列)

    保存ファイル名形式で固定文字列を含む形式を指定した場合に保存ファイル名に設定される固定文字列を設定することができます。

    画面キャプチャ保存先について

    画面キャプチャは「MetaTrader5データフォルダ」-「MQL5」-「Files」フォルダ内に保存されます。

    保存フォルダ名のパラメータを指定した場合は、「MetaTrader5データフォルダ」-「MQL5」-「Files」-「保存フォルダ名」フォルダ内に保存されます。

    なお、「MetaTrader5データフォルダ」は、MetaTrader5の「ファイル」メニューから「データフォルダを開く」を選択して開かれるフォルダを指します。

    ダウンロード

    バージョンアップ履歴

    1.10(2018年12月20日)

    保存ファイル名形式のうち通貨ペアを含む形式について、時間枠も合わせて設定するように改善しました。

    1.01(2018年12月9日)

    ローソク足の確定時にキャプチャを取得すべきところ、値動きの度にキャプチャを取得してしまう不具合を修正しました。

    1.00(2018年7月19日)

    初公開しました。

    コメント

    非公開コメント