チャート画像を自動保存してメール送信するMT5インジケーター(D_Captcher)

概要

D_Captcherは、MetaTrader5のチャート画像を自動保存してメール送信するMT5インジケーターです。

機能説明

D_Captcherの機能を以下に示します。なお、パラメータにおいて、チャート画像のサイズ、保存画像形式、保存ファイル名形式、メール送信有無などを指定することができます。

  • ローソク足が確定した際にチャート画像を自動で保存する機能
  • キャプチャ取得アイコンをクリックした際にチャート画像を自動で保存する機能
  • 保存したチャート画像を自動でメール送信する機能

活用方法

ローソク足が確定する度に自動で画像が取得されることから、過去に遡って、そのときのチャート画像でテクニカル分析が実施できるため、トレード結果の振り返りに活用することができます。

また、チャート画像をメール送信することができるため、外出先からMT5のチャートを確認することができます。

パラメータ説明

D_Captcher:パラメータ設定

チャート画像の取得設定

チャート画像の取得設定のパラメータ説明を以下に示します。

ローソク足確定時

ローソク足確定時におけるチャート画像の取得要否を設定することができます。デフォルト値は、「チャート画像を取得しない」設定としていますので、必要に応じて変更してください。

アイコンクリック時

アイコンクリック時におけるチャート画像の取得要否を設定することができます。デフォルト値は、「チャート画像を取得する」設定としていますので、必要に応じて変更してください。なお、「チャート画像を取得しない」設定とした場合は、アイコンが非表示となります。

アイコンX座標位置(左下基準)

アイコンのX座標位置(左下基準)を指定することができます。他のオブジェクトと表示が重なる場合は、表示位置を変更してください。デフォルト値は、当ブログで公開している他のインジケーターとオブジェクトが重ならないように「20」としています。

アイコンY座標位置(左下基準)

アイコンのY座標位置(左下基準)を指定することができます。他のオブジェクトと表示が重なる場合は、表示位置を変更してください。デフォルト値は、当ブログで公開している他のインジケーターとオブジェクトが重ならないように「2」としています。

チャート画像の保存設定

チャート画像の保存設定のパラメータ説明を以下に示します。

フォルダ名

保存するフォルダ名を設定することができます。デフォルト値は、「チャート画像」フォルダとしています。

画像サイズ(横ピクセル)

取得するチャート画像の横ピクセルを設定することができます。

画像サイズ(縦ピクセル)

取得するチャート画像の縦ピクセルを設定することができます。

画像形式(拡張子)

GIFまたはPNGの保存画像形式を指定することができます。

ファイル名形式

以下のいずれかの保存ファイル名形式を指定することができます。

  • 固定文字列
  • 通貨ペア+時間枠
  • 固定文字列+通貨ペア+時間枠
  • 固定文字列+年月日時分
  • 通貨ペア+時間枠+年月日時分
  • 固定文字列+通貨ペア+時間枠+年月日時分

固定文字列(保存ファイル名に付与する文字列)

保存ファイル名形式で固定文字列を含む形式を指定した場合に保存ファイル名に設定される固定文字列を設定することができます。

チャート画像のメール送信設定

チャート画像のメール送信設定のパラメータ説明を以下に示します。

ローソク足確定時

ローソク足確定時におけるチャート画像のメール送信有無を指定することができます。

アイコンクリック時

アイコンクリック時におけるチャート画像のメール送信有無を指定することができます。

smail.exeのフルパス

チャート画像をメール送信する場合は、SMAILのフルパスを指定する必要があります。省略した場合は「MetaTrader5データフォルダ」-「MQL5」-「Files」-「D」フォルダ内にある「smail.txt」の1行目の情報が有効となります。

SMTPサーバ

チャート画像をメール送信する場合は、SMTPサーバを指定する必要があります。省略した場合は「MetaTrader5データフォルダ」-「MQL5」-「Files」-「D」フォルダ内にある「smail.txt」の2行目の情報が有効となります。

送信元メールアドレス

チャート画像をメール送信する場合は、送信元のメールアドレスを指定する必要があります。省略した場合は「MetaTrader5データフォルダ」-「MQL5」-「Files」-「D」フォルダ内にある「smail.txt」の3行目の情報が有効となります。

宛先メールアドレス

チャート画像をメール送信する場合は、宛先のメールアドレスを指定する必要があります。なお、送信元と宛先は同一のメールアドレスでも問題ありません。省略した場合は「MetaTrader5データフォルダ」-「MQL5」-「Files」-「D」フォルダ内にある「smail.txt」の4行目の情報が有効となります。

画面キャプチャ保存先について

画面キャプチャは「MetaTrader5データフォルダ」-「MQL5」-「Files」フォルダ内に保存されます。

保存フォルダ名のパラメータを指定した場合は、「MetaTrader5データフォルダ」-「MQL5」-「Files」-「保存フォルダ名」フォルダ内に保存されます。

なお、「MetaTrader5データフォルダ」は、MetaTrader5の「ファイル」メニューから「データフォルダを開く」を選択して開かれるフォルダを指します。

SMAILのインストールおよび設定について

MT5標準のメール送信機能では、画像を添付することができないため、SMAIL(無料)のインストールおよび設定が必要となります。下記の手順に従ってSMAILの導入をお願いします。

SMAILのダウンロード

下記リンクよりSMAILの最新版をダウンロードしてください。

SMAILのダウンロード

SMAILのインストール

Cドライブの直下に「smail」というフォルダを作成してください。

ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、「smail.exe」を上記で作成した「C:\smail」にコピーしてください。

SMAILの設定

smail.exeを起動し、SMAIL初期設定画面にて、「■SMTPサーバ」の各項目を下記に従い設定してください。また、保存先が「C:\smail\」となっていることを確認してください。なお、「■POP3サーバ」の各項目を設定する必要はありません。

Gmailの場合

  • SMTPポート番号:「25」を設定してください。
  • SMTP認証:「AUTH PLAIN」を選択してください。
  • SMTPユーザID:Gmailのメールアドレスを入力してください。(例.xxxxxxxx@gmail.com)
  • SMAPパスワード:Gmail(Googleアカウント)のログインパスワードを入力してください。
  • SMTP/SSL暗号化:「使用する」にチェックを入れ、ポート番号は「465」を設定してください。また、「STARTTLSを使用する」のチェックを外し、「TLS1.3-1.0,SSLv2,v3自動」を選択してください。

Yahoo!メールの場合

  • SMTPポート番号:「25」を設定してください。
  • SMTP認証:「AUTH PLAIN」を選択してください。
  • SMTPユーザID:Yahoo!メールのアカウント名/ログイン名を入力してください。(メールアドレスの@より左側)
  • SMAPパスワード:Yahoo!メールのパスワードを入力してください。
  • SMTP/SSL暗号化:「使用する」にチェックを入れ、ポート番号は「465」を設定してください。また、「STARTTLSを使用する」のチェックを外し、「TLS1.3-1.0,SSLv2,v3自動」を選択してください。

Gmailで正常にメール送信できない場合の対処

Gmailを使ったメール送信の場合、Googleのセキュリティ設定により、SMAILからのアクセスが拒否されメール送信エラーとなる場合があります。その場合は、Googleアプリ利用設定サイトへアクセスし、安全性の低いアプリの許可を手動で有効にする必要があります。

なお、この設定により、Googleアカウントのセキュリティレベルが低くなります。メタトレーダー専用のGoogleアカウントを作成するなどしてセキュリティを保持することをお勧めします。

Googleアプリ利用設定サイトへ

ダウンロード

バージョンアップ履歴

1.31(2019年7月17日)

アイコンクリックで現在表示されているチャート画面のサイズで画像を取得する機能を追加しました。また、アイコンクリックでチャート画像の保存フォルダを開く機能を追加しました。

1.30(2019年6月30日)

アイコンクリックでチャート画像を取得してメール送信する機能を追加しました。

1.20(2019年6月9日)

取得したチャート画像をメール送信する機能を追加しました。

1.10(2018年12月20日)

保存ファイル名形式のうち通貨ペアを含む形式について、時間枠も合わせて設定するように改善しました。

1.01(2018年12月9日)

ローソク足の確定時にキャプチャを取得すべきところ、値動きの度にキャプチャを取得してしまう不具合を修正しました。

1.00(2018年7月19日)

初公開しました。

コメント

非公開コメント