定型チャートを素早く切り替えるMT5インジケーター(D_Switch)

概要

定型チャートを素早く切り替えるMT5インジケーターです。

使用方法

使用方法はとてもシンプルです。左下端にある水色のチャートアイコンをクリックし、定型チャートの一覧から適用したい定型チャートを選ぶだけです。

D_Switch使用方法イメージ

設定方法

水色のチャートアイコンのクリック時に表示させる定型チャートは、設定ファイルに定義します。設定ファイルの詳細を以下に示します。

設定ファイル名

設定ファイル名は「chart_templates.txt」としてください。

設定ファイルの保存先

設定ファイルの保存先は、「MetaTrader5データフォルダ」-「MQL5」-「Files」-「D」フォルダ内に格納してください。

【保存先の詳細】

  1. MetaTrader5の「ファイル」メニューから「データフォルダを開く」を選択し、データフォルダを開きます。
  2. データフォルダ内にある「MQL5」フォルダを開きます。
  3. 「MQL5」フォルダ内にある「Files」フォルダを開きます。
  4. 「Files」フォルダ内にある「D」フォルダを開きます。

【ディレクトリ例】

C:\Users\Owner\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\D0E8208F77C8BF37AD8BF850E51QF075\MQL5\Files\D

設定ファイルの記載ルール

定型チャート名を改行で区切って記載してください。なお、定型チャート名は、MetaTrader5の「チャート」メニューの「定型チャート」で表示される定型チャート名のみ有効です。

設定ファイルイメージ

パラメータ説明

パラメータはありません。

ダウンロード

バージョンアップ履歴

1.03(2019年7月2日)

設定ファイルの格納先を他のインジケーターに合わせて変更しました。

1.02(2019年6月28日)

定型チャートの名称を左寄せ表示にして視認性を改善しました。

1.01(2019年1月20日)

サブウィンドウにドラッグアンドドロップでインジケーターを表示可能としました。

1.00(2018年7月11日)

初公開しました。

コメント

非公開コメント