D_SpecifiedDateCandle:指定した月日のローソク足を表示するインジケータ

概要

指定した月日のローソク足を表示するインジケータです。本インジケータにより、特定の月日における値動きの傾向を把握することができます。また、分析して得られた値動きの傾向は、トレードでの優位性として活用することができます。

特定の月日の値動きには、主に以下のアノマリーがあります。値動きの傾向を把握することで、他者より有利にトレードすることができます。

  • ゴールデンウィーク前後は円高になりやすい
  • お盆休み前後は円高になりやすい
  • 五十日(ごとうび)は円安になりやすい
  • 土日祝日分のスワップが付与される日(主に水曜日)はアジアタイムが円安だと最終的に円高になりやすい

D_SpecifiedDateCandle:指定した月日のローソク足を表示するインジケータ

パラメータ説明

パラメータには、表示する月日を選択する項目があります。

D_SpecifiedDateCandleのパラメータ説明
項目 説明
表示する月の指定 表示する月をプルダウンから選択することができます。値動きの傾向を分析したい月を選択してください。なお、表示する月を指定しない場合は、「指定なし」を選択してください。
  • 指定なし(デフォルト値)
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
表示する日の指定 表示する日をプルダウンから選択することができます。値動きの傾向を分析したい日を選択してください。なお、表示する日を指定しない場合は、「指定なし」を選択してください。
  • 指定なし(デフォルト値)
  • 1日
  • 2日
  • 3日
  • 4日
  • 5日
  • 6日
  • 7日
  • 8日
  • 9日
  • 10日
  • 11日
  • 12日
  • 13日
  • 14日
  • 15日
  • 16日
  • 17日
  • 18日
  • 19日
  • 20日
  • 21日
  • 22日
  • 23日
  • 24日
  • 25日
  • 26日
  • 27日
  • 28日
  • 29日
  • 30日
  • 31日

描画設定

ローソク足の色、各種オブジェクトの色は、チャートプロパティの配色設定から自動的に色を取得しているため、設定不要です。なお、ローソク足の色、各種オブジェクトの色を変更したい場合は、チャートプロパティの配色設定を変更してください。


画面表示イメージ

本インジケータにより、指定した月日のローソク足を様々な時間足で表示することができます。画面表示イメージを以下に示します。

USDJPYでN月20日の1時間足を表示した場合の画面表示イメージ

D_SpecifiedDateCandleで日を指定した場合のイメージ

EURJPYで10月N日の日足を表示した場合の画面表示イメージ

D_SpecifiedDateCandleで月を指定した場合のイメージ

EURJPYで11月11日の日足を表示した場合の画面表示イメージ

D_SpecifiedDateCandleで月日を指定した場合のイメージ

ダウンロード

コメント

非公開コメント